内容証明郵便とは

内容証明郵便とは、いつ、どんな内容の文書を誰から誰宛てに出したかを、差出人が作った謄本によって郵便局が証明する制度です。
内容証明郵便を送るには、内容証明郵便を取り扱っている郵便局の窓口に、送達する文書、文書の謄本2通、差出人と受取人の住所氏名が記載された封筒と郵便料金を添えて、申し込みます。提出すると控えと受領書が返されますので、大切に保管しておきます。文書・謄本の用紙の大きさや記載用具についての規定はありませんが、謄本は字数と行数の制限がありますので、これに従います。差出人は、差し出した日から5年以内は、謄本の閲覧請求や証明の再交付を受けることができます。
また、電子内容証明サービスもあり、インターネットを利用して自宅から内容証明郵便を送ることもできます。24時間利用可能で、クレジットカードまたは料金後納での支払いです。
内容証明郵便で注意したいことは、文書の内容が真実かどうかを証明するものではないことです。法的効力はありませんので、交渉の手段の一つと考えるとよいでしょう。クーリングオフしたいとき、債権回収したいとき、借家でのトラブルがあるとき、詐欺にあったときなどに使われます。文書以外の図面や有価証券などは同封できません。

コメントは受け付けていません。